ハイヤーとタクシーの違いを詳しく知りたい

ハイヤーとよく比較されるのが、タクシーです。双方ともお客様を乗せて目的地までお連れすることに変わりはありませんが、あらゆる点で違いがあります。ハイヤーは完全予約制になっており、少なくとも前日までの予約が必要です。もし、ドライバーを指名したい場合はドライバーの予定に空きがないと難しくなるため、早めの予約が望ましいでしょう。一方、タクシーは予約をして利用することも可能だとは思いますが、一般的な使いかたは「街中で拾う」という方法。急ぎで目的地に行きたい場合や、急に天候不良となった場合というような使い方がされます。急に思い立ったときに使えるのは、それだけ生活の一部となっているためでしょう。電車やバスに近い印象もあります。

料金については、計算方法が違います。ハイヤーはハイヤーの台数とドライバーを時間制で利用するパターンが取られています。距離も考慮して費用は決まっていますが、決まった料金も細かい設定ではありません。その多くが前払い制度となっており、予約時の打ち合わせでだいたいの料金が決定します。また、オプションを利用すれば追加料金も発生します。一方タクシーの場合は、初乗り料金と距離で決まるため、遠くまで利用するときは高くなります。料金に関してはシンプルで分かりやすく、乗っているとメーターが上がっていくので、現在どのくらいなのかも一目瞭然です。どちらも車両に乗った人数は考慮されないため、できる限り乗り合わせをすると費用負担も少なくて済むでしょう。

車両については、ハイヤーはセダンタイプの高級車が主流。国内外問わず安全性の高い高級車のみが使用され、室内空間もリラックスできるものとなっています。一方タクシーの場合は、中型の乗用車が主流。高級車と呼ばれる車両ではありません。料金の違いを考えるとこのような差は当然です。しかし、室内はお客様に不快感を与えないように清潔感があります。

全体的に見てタクシーよりもハイヤーの方が高級感があり、ドライバーのスキルが高めです。それは、タクシーのドライバーが経験を積み、ハイヤーのドライバーを目指すことからも明らかでしょう。同じ普通自動車二種免許を取得して仕事にあたっていますが、仕事内容で共通するのはお客様を目的地にお連れすることであり、そのほかの要素は全く違うものとなっています。私たち利用する側は、急に思い立ったときにタクシーを利用し、あらかじめ予定が決まっているような場合はハイヤーというように使い分けをするのもよいでしょう。