お花見や車窓からの観光にハイヤーを

東京近郊には数多くの花の名所があります。四季折々に咲く花々を見学する際、ハイヤーを使って見学するのも楽しいものです。自宅から花見目的の場所までドアツードアであるため、足腰に負担をかけずに済みますし、感染症が気になる方々も安心して楽しめます。最大のメリットは、移動にハイヤーを使うことで人混みや公共交通機関の密の空間も避けること。移動することで不特定多数の人と往来することは、感染症にかかるリスクをどうしても高めてしまいます。それらの心配を最小限にするため、このプランは安心してレジャーが楽しめます。

最近この花見にハイヤーを使うプランですが、高齢の親御さんを連れていきたいという40代から50代くらいの娘さんを中心に依頼が増えています。そこまで時間をかけることなく、花見や近くの甘味処に出向くので時間的体力的無駄が一切かかりません。個人的に巡る場合は、その都度移動のことを考えなければなりませんが、このプランの場合はそれも必要なく、移動がとてもスムーズです。花の名所も想定していたより多くの箇所を巡ることができるため、満足度も高めです。

もし、脚が不自由であり、花見の名所は車窓からの見学だけで充分だという場合は、すべて車窓からの見学にすることもできます。「花の名所を見学」といっても、その中身はオーダーメイドプランに近いものがあるため、要望は伝えておくようにしましょう。特に脚が不自由という場合、行きたい場所や見たいものに対してハードルが高くなってしまいます。娘さんをはじめとする家族の方からの誘いがあれば、喜んで参加されるはずです。

せっかく花見に訪れたので、きれいな花の写真を自分で撮るだけではもったいないです。記念撮影はハイヤーのドライバーに依頼すれば思い出の1枚もしっかり撮影してくれます。好みのアングルがあれば、それを頼んでみてもいいでしょう。こちらのプランは親子で訪れる、もしくは仲良しグループで依頼されることが多いため、写真撮影は欠かせません。仲良しグループだけで出かけていると、参加した全員が写真に映りたいとき、どうしても誰かに頼まなくてはなりません。そのような気遣いもハイヤーでの花見には不要です。

また、ドライバーはお客様に花見を楽しんでもらえるように観光案内もしてくれます。名所や花の説明もツアーコンダクター顔負けの知識であるため、貸し切りの日帰り旅行をしているかのようです。花見の帰りは、お気に入りのお店でお土産を購入しても構いません。自宅に戻ったあとも、楽しい1日について話に花を咲かせましょう。