社用車としてハイヤーを利用

企業のコスト削減から、企業が直接雇用している運転手が廃止され、導入の広がりを見せているのがハイヤーの利用です。ハイヤーの利用といっても、その都度依頼するスポット利用ではなく、月間もしくは年間契約というような長期契約のパターン。企業側にとっても、ハイヤー利用に変えるだけでもコスト削減効果が高いのですが、長期利用という契約料金の割引率が高い方法を利用するだけあって、コスト削減効果が高いと言われています。企業にとっては、これまで運転手の人件費や車両の購入価格と維持費、単純にこれだけ考えても相当な経費を使っており、それを長期契約で外部に依頼するだけで、抑えた料金で利用できるようになりました。

加えて、車両の安全点検というようなことは外部のハイヤー会社に依頼した場合、それを専門に仕事をしている部署がしっかり点検を行ってくれます。この点から見ても、毎日安心してハイヤーを利用することにつながるでしょう。これまでの運転手の直接雇用では、運転手が車両の点検や清掃もひとりで行っていたのが一般的でした。できれば車両の安全点検は間違いがないように、複数の人間が見るような流れの方が安心できますし、いくつもの目で点検できるため見逃しを防ぐことができます。

基本的に社用車としてのハイヤー業務は、担当する役員などの出勤を自宅まで迎えにいき、送迎する。社外に用があるときには、迎えに行き目的地まで送り届ける。そして退勤です。一般的に行うことは、会社が直接雇用している運転手とそう変わりはないでしょう。別で、接待ゴルフの送迎や、パーティーや会食のときの送迎を依頼されることもあります。このような役員の運転手は、ハイヤー会社としても誰にでも任せるわけにはいかないものであり、ある程度の実績と信頼のできる社員に声が掛かります。もし、失礼な態度があれば、契約を切られる可能性もありますし、車内では電話をすることもあり、守秘義務がしっかり守れる社員でなければ任せることができないからです。

さらに、全く無言で運転だけをすればいいものではなく、ときとして役員と会話をすることもあるでしょう。最低限のビジネスマナーを心得ていることも必要であり、品格も求められます。このような大企業の役員を自ら運転する車両で送り届ける業務であるため、タクシーのドライバーが憧れる場合もあるでしょう。最近は、知識もあり体力もある大学を卒業した新卒を採用しているのも納得です。